wqmX
   

買う前に知っておきたい詰襟学生服の本質


中学校入学前の学生服の購入時期

中学校へ進学されるにあたって、学生服をいつ購入すれば良いのか気になってらっしゃる方は多いと思います。学校指定のブレザーとは違い、詰襟学生服はオーダーメイド品から既製品まで、同じようで同じではない製品が多種多様に存在します。限られた時間で幅広い選択肢から選び抜くのは至難の業ですので、ここでは、購入までのタイムスケジュールと、賢い購入方法をご紹介します。

学生服購入までのスケジュール

一般店頭でご購入の場合は、早い方でご入学前年の6月から下調べを始め、遅くとも入学直前の1月中には注文予約を行います。小学校からの紹介や訪問販売などではおよそのスケジュールは案内され、それに順じて手続きを踏めば間違いなく購入できますが、その場合は製品の選択子が狭まってしまいます。

オンラインショップ(インターネット販売)の場合、製品調査・価格調査も簡単に行え、1年を通してご相談・ご購入が可能となっています。製品ラインナップも豊富で、ご予算に応じて、より良い製品をお選び頂けます。ご相談は集中期である1〜2月を避けて、ご入学前年の12月頃から開始されるとゆとりを持ってご購入頂けるかと思われます。

新調:公立中学の場合、地域によっては入学前年の6月には地元の販売店による早期予約特典つきの訪問販売が開始されます。しかし、一般的には12月頃からDM・チラシなどによりセールが始まり、3月中旬まで夏服とセットで購入する例が多くみられます。

買替:地方の公立中学では、運動着通学が多く、制服着用日は行事やテスト日に限られる場合が多いようですが、その日数は決して少なくありません。また、3年間で身長が平均的に約20cm伸びますので、3年生への進級時に買換期が来ます。これは、一年後の高校受験までの定期テスト、面接、本試験に心理的に余裕をもって臨むには是非必要なことです。

高校入学前の学生服の購入時期

公立・私立共に合格発表後ただちに予約しなければなりません。高校では毎日制服着用というのが一般的で、中学制服よりさらに消耗します。特にズボンは夏冬で最低4本は必要と言えます。しかし、3年間で身長は平均的に2cm程度の伸びですから、上衣は1着で3年間OKという場合も少なくありません。

wICVbsO
g{w
O[CgGR
ATNIWi
wANZT[
qmXe
wvf[X
JX^[hX[c
AVX^V[Y
VbsOKCh
qmX
vCoV[|V[
wqmX
 


OmlwI
OmlwI
ET[rX{
SiS500‾
NWbgJ[h¥
   
ホーム >> 詰襟学生服の選び方 >> 購入時期と買替ポイント
 
このページのトップへ戻る